地震とは? | 警戒宣言とは? | 無料建築防災相談

地震編 参考資料:名古屋市消防局「名古屋の防火&防災」

地震とは?

それぞれの場所の揺れの強さを表します。
気象庁の震度階級は以下のようになっています。(平成8年10月~)

震度階級 説明
0 人は揺れを感じない。
1 屋内にいる人の一部が、わずかな揺れを感じる。
2 屋内にいる人の多くが揺れを感じ、電灯などのつり下げ物がわずかに揺れる。
3 屋内にいる人のほとんどが揺れを感じる。
棚にある食器類が、音をたてることがある。
4 かなりの恐怖感があり、つり下げ物は大きく揺れ、棚にある食器類は音を立て、座りの悪い置物が倒れることがある。
5弱 多くの人が、身の安全を図ろうとする。座りの悪い置物の多くが倒れ、窓ガラスが割れておちることがある。
5強 非常な恐怖を感じる。テレビが台から落ちることがある。補強されていないブロック塀の多くが崩れる。多くの墓石が倒れる。
6弱 かなりの建物で、壁のタイルや窓ガラスが破損、落下する。
耐震性の低い木造建物では倒壊するものもある。
地割れや山崩れなどが発生することがある。
6強 多くの建物で、壁のタイルや窓ガラスが破損、落下する。
耐震性の低い鉄筋コンクリート造建物では倒壊するものがある。
地割れや山崩れなどが発生することがある。
7 耐震性の高い建物でも、傾いたり、大きく破壊するものがある。
大きな地割れ、地すべりや山崩れが発生し、地形が変わることもある。

page up

警戒宣言とは?

東海地震が起きると予想されたときに発せられる「地震の警報」です。
警戒宣言が発令されるとテレビなどの通常番組は中止され、地震情報番組となります。また、市内各所においてサイレンや警鐘によりお伝えします。サイレンは、約45秒間鳴った後15秒間休止、その後また約45秒間鳴ります。これが5回以上続きます。
警鐘は5点打って休止、その後また5点打つという打鐘が10回以上続きます。

page up

無料建築防災相談

住宅の地震対策、ブロックの倒壊防止などにつき、無料相談が受けられます。

場所: 名古屋市中区栄地下街「住まいの窓口」
時間: 午前10時~午後5時15分
定休日: 毎週木曜日と第2、第4水曜日
お問合せ: 名古屋市住宅都市局建築指導課 052-972-2921

page up