風の強さに伴う被害は? | 1時間の雨量と降り方は? | 台風のコースと東海地方への影響は?
 | 避難のこころえ

風水害編 参考資料:名古屋市消防局「名古屋の防火&防災」

風の強さに伴う被害は?


風速 状況
10メートル 傘をさしているとこわれる
15メートル 看板やトタン板が飛びはじめる
20メートル 子どもは歩けなくなり、大人も体をかたむけてやっと歩ける状態
25メートル 屋根瓦が飛び、テレビアンテナが倒れる
30メートル 雨戸がはずれ、しっかりしない家は倒れる
40~50メートル 小石が飛び、倒れる列車や家が多くなり、木は根こそぎになる

page up

1時間の雨量の降り方は?


やや強い雨 強い雨 激しい雨
10~20ミリ 20~30ミリ 30~50ミリ
雨の音で話しもよく聞きとれない。一面に水たまりができる。(この程度の雨が長く続く時は警戒が必要) 土砂降りで側溝があふれ、小さな川の氾濫、小規模の崖崩れが始まる。 バケツをひっくりかえしたように降る。道路が川のようになる。崖崩れが起きやすくなる。(避難の準備)
非常に激しい雨 猛烈な雨
50~80ミリ 80ミリ以上
滝のようにゴーゴーと降り続く。マンホールから水が噴出し、地下室、地下街に雨水が侵入、多くの災害が発生する。 息苦しくなるような圧迫感があり、恐怖を感ずる。大規模な災害が発生するおそれが強く、厳重な警戒が必要である。

page up

台風のコースと東海地方への影響は?

台風の予想進路が発表されたら、自分の住んでいる地域のどちら側を通るか確認しましょう。

台風の中心が通れば、雨と風の両方を警戒して下さい。満潮の時刻が台風と重なると高潮の危険が大きいので、沿岸部では注意が必要です。
また、最大風速が毎秒20メートルとあれば、瞬間最大風速は2倍の風が吹くこともあります。

page up

避難のこころえ


1 長靴は中に水が入って歩きにくくなります。もちろん裸足も禁物。ひもつき運動靴にする。
2 先導する人は、くぼみや溝を確かめるため、長い棒を杖にしながら歩く。
3 歩ける深さは男性で70cm、女性で50cm、子どもは30cmが目安です。水が腰の深さになってしまったら、無理せず高い所で救助をまつ。
4 子どもやお年寄りには浮袋を持たせる。
5 病人や歩行困難な人は背負って避難する。
6 非常持出品等(地震編参照)の持ち物は背負って。なるべく手は自由に。
7 避難するときは、市町村などの自治体・消防機関・警察機関の指示に従い、デマに惑わされずラジオ・テレビ・広報車で情報を収集して下さい。
8 自動車はもちろん厳禁、自転車も使用してはいけません。

page up