防災・災害ニュース

関連ニュース

住民150人が小学校で宿泊体験 南海トラフ地震に備え防災訓練 名古屋(2019年06月29日)
   名古屋市緑区で行われた訓練には住民およそ500人が参加し、そのうちの150人ほどが避難所に指定されている小学校に宿泊します。  参加した住民は段ボールでベッドを作ったり、テント式の仮設トイレを組み立てたりして、避難所を自分たちで運営する体験をしました。避難所の外では、ポリ袋で米を炊く方法などを学びました。  宿泊する参加者は、体育館の床に段ボールを敷いて寝るということです。

関連ニュース一覧へもどる