防災・災害ニュース

関連ニュース

住民が津波からの避難路を確認 三重(2016年07月24日)
紀北町の引本地区は、海抜およそ2メートルで南海トラフ巨大地震の際は最大10メートルの津波が想定されています。住民およそ50人が参加し、実際に避難所へ歩きながら道中で、狭い路地や割れたブロック塀など見つけ、危険な箇所を記録しました。参加者は、危険な箇所を地図にまとめ今後の避難訓練に生かすということです。

関連ニュース一覧へもどる