防災・災害ニュース

関連ニュース

台風18号接近 16日明け方から昼過ぎに上陸も(2013年09月15日)

大型の台風18号は16日明け方から昼過ぎにかけ、東海地方にかなり接近し、上陸する恐れもあります。厳重な警戒が必要です。

台風18号は四国の南の海上を、1時間に25キロの速さで北に進んでいて、15日午後9時現在、既に東海地方の広い範囲が風速15メートル以上の強風域に入っています。今後は進路を東よりに変え、風速25メートル以上の暴風域を伴って16日明け方から昼過ぎにかけ、東海地方にかなり接近し、上陸する恐れもあります。三重県尾鷲市では15日午後7時半過ぎに27.2mの最大瞬間風速を観測し、同県大台町では降り始めからの雨量が200?近くになっています。この大雨でJR関西線の亀山〜伊賀上野、JR名松線の松阪〜家城、近鉄大阪線の青山町〜伊勢中川で運転を見合わせています。三重県災害対策本部によりますと、午後7時現在、尾鷲市や熊野市など3市2町で計81世帯108人が自主避難しています。津市で住宅1棟が倒壊し、住民の男性が右足に軽いけがをしたということです。また、熊野市の板屋川が避難判断水位に達しました。16日夕までの予想雨量はいずれも多いところで、三重県400?、愛知県・岐阜県300?で、局地的には1時間に80?以上の猛烈な雨が降る恐れもあります。また、今後予想される東海3県の最大瞬間風速は、海上で35〜40m、陸上は30mとなっています。海上では最大8mの高波が予想されています。暴風雨や高波、浸水などに厳重な警戒が必要です。

関連ニュース一覧へもどる