防災・災害ニュース

関連ニュース

台風18号が接近 16日明け方から昼過ぎに上陸も(2013年09月15日)

大型の台風18号は、16日の明け方から昼過ぎにかけて、東海地方にかなり接近し、上陸する恐れがあり厳重な警戒が必要です。

台風18号は、15日午後3時現在、日本の南の海上を1時間に25キロの速さで北に進んでいます。大型の台風で、三重県の大部分と愛知県の一部が、風速15メートル以上の強風域に入っています。今後は進路を次第に東寄りに変える予想です。風速25メートル以上の暴風域を伴って、16日の明け方から昼過ぎにかけて、東海地方にかなり接近し、上陸する恐れがあります。
海はすでにうねりを伴って、シケています。16日にかけて、愛知県と三重県の外海で、最大8メートルの高波が予想されています。15日午後6時現在、愛知県の知多地域、東三河南部、三重県の中部と南部に波浪警報が発表されていて、高波に警戒が必要です。また、16日未明から暴風となる所があり、予想される最大瞬間風速は、愛知県の海上で40メートル、三重県の海上で35メートル、陸上はいずれも30メートルとなっています。
局地的には1時間に80ミリ以上の猛烈な雨の降る恐れがあります。16日の夕方までに予想される雨の量は、いずれも多い所で、三重県で400ミリ、愛知県と岐阜県で300ミリとなっています。低い土地の浸水や川の氾濫などに、厳重な警戒が必要です。

関連ニュース一覧へもどる