防災・災害ニュース

関連ニュース

台風18号は15日から16日にかけ東海地方に接近(2013年09月14日)

台風18号は、14日午前9時に大型になり、日本の南の海上を時速25kmの速さで、西北西に進んでいます。東海地方では、15日から雨が降り出し局地的に猛烈な雨が降る恐れがあります。台風18号は、15日から16日にかけて東海地方にかなり接近する見込みで、警戒が必要です。気象台は、台風への備えは、14日中に行うよう呼びかけています。

大型の台風18号は、14日午前、日本の南の海上を西北西に進んでいます。この後、徐々に勢力を強めながら、進路を北寄りに変える見込みです。3連休の最終日には、暴風域を伴ったまま、紀伊半島から東日本の太平洋岸にかなり接近する恐れがあります。
東海地方には、台風の接近に先行して暖かく湿った空気が流れ込むため、15日から16日にかけて局地的に猛烈な雨が降り、大雨となるところがある見込みです。
15日に予想される1時間雨量は、多い所で三重県80mm、岐阜県60mm、愛知県50mm、15日12時までの24時間に予想される雨量は多い所で、三重県300mm、岐阜県100mm、愛知県70mmとなっています。雨は台風の接近に伴って降り続き、16日にかけての総雨量は三重県・静岡県を中心に、さらに多くなる見込みです。

関連ニュース一覧へもどる