防災・災害ニュース

関連ニュース

親子で海の災害について巨大実験施設で学ぶ(2013年08月22日)

名古屋市内で、親子で海の災害について学ぶイベントが開かれ、津波や高波などによる被害について学びました。

9月1日の防災の日を前に、名古屋市南区の伊勢湾水理環境実験センターで行われたのは、海の災害について学ぶイベントです。南海トラフ巨大地震で5mの大津波が想定される、名古屋市港区の小学2年生から6年生の親子が参加しました。大規模な模型による実験で、大津波で防波堤やその土台がどのように崩れていくか、台風などの高波のとき防波堤の外側と内側では波がどのように変化するかなどの実験が行われ、海の災害の恐ろしさを学びました。

関連ニュース一覧へもどる