防災・災害ニュース

関連ニュース

心を一つに 名古屋と岩手・陸前高田で同時イベント(2012年03月12日)

東日本大震災から1年目の11日、名古屋で被災者を追悼しキャンドルに火が灯されました。心を一つにと、同じイベントが岩手県陸前高田市でも同時に行われました。

名古屋市中区の金山駅南口で行われたこのイベントは、被災地でボランティアをしていた大学生が企画したものです。陸前高田市の奇跡の一本松をかたどり、キャンドルが並べられました。実行委員の学生:「1人1人ができることは小さいけれど、意識を持って忘れないことが一番大事だと思う」。キャンドルにつけられた絵は陸前高田の中学生や住民が描いたものです。午後6時過ぎ、キャンドルに火がつけられると、手を合わせ被災地の1日も早い復興を願う姿が見られました。同じころ、陸前高田市でも一本松をかたどったキャンドルに火が灯されました。周りには住民らが集い祈りをささげていました。参加者:「1年経っても復興はまだ進んでいないので、あと何年かかるか分からないが、復興が進む1年になって欲しいです。」

関連ニュース一覧へもどる