防災・災害ニュース

関連ニュース

愛知県が防災計画見直し 震災対策とツイッター活用(2011年11月28日)

愛知県の防災計画を見直す県の防災会議が開かれ、東日本大震災の発生を受け、大震災や原発事故を想定した内容が新たに盛り込まれました。

28日に名古屋市内で行われた防災会議では、中部電力浜岡原子力発電所の異常時を想定した情報伝達訓練を定期的に実施することや、津波に備え港のコンテナが流失しないよう柵を設置することなどが決定されました。またこのほか、東日本大震災で行政機関から市民への情報伝達でインターネットのツイッターなどが役立ったことから、愛知県もこのようなソーシャルメディアを活用し、市民に情報を提供することも新たに盛り込まれました。

関連ニュース一覧へもどる