防災・災害ニュース

関連ニュース

愛知・岐阜の山間部で土砂災害に警戒 梅雨前線停滞(2010年07月14日)

活発な梅雨前線の影響で、東海地方では山間部を中心に、大雨が続いていて、土砂災害に警戒が必要です。

岐阜県高山市によりますと、高根町の旧日和田小学校前で高さ80m、幅10mにわたって山が崩れました。人や建物などへの被害はないということです。14日午後8時現在、愛知県の新城市、東栄町、豊根村に土砂災害警戒情報が出ています。また14日午後6時までの72時間の積算雨量は、岐阜県下呂市や郡上市など山間部で300ミリを超えていて、降り始めからの雨量は、すでに7月の平年の月降水量を上回っています。地盤が緩んでいます。土砂災害への厳重な警戒が必要です。

関連ニュース一覧へもどる