防災・災害ニュース

関連ニュース

震災から15年 広がるボランティアの輪(2010年01月15日)

阪神・淡路大震災から17日で15年です。多くの命が失われましたが、震災が残したものもあります。その一つがボランティアの輪です。その広がりの中に、「ひまわり」に込めた思いがありました。

1995年1月17日早朝、人々を襲った阪神・淡路大震災。あれから15年、被害の記憶の風化も叫ばれる一方、震災がきっかけで生まれ、根付いたものもある。それは「災害ボランティア」。名古屋市にあるNPOのボランティア団体「レスキューストックヤード」。8年前に発足し、全国の被災地で支援活動を行なってきた。こうした活動の原点が、阪神・淡路大震災だった。震災でのボランティア経験を元に発足したレスキューストックヤード。そのネットワークは15年で全国に拡大した。こうしたNPO法人以外にも、名古屋市には、一般の市民で作る災害ボランティア団体が16のすべての区に設けられ、定期的に集まって勉強会を開いたり、訓練やイベントなどを行っている。千種区に住む関勲さん。2009年の年末に区の災害ボランティア団体に入った。関さん自身も、3年前に能登半島地震の被害を受けた被災者だ。家は全壊。仮設住宅での生活を余儀なくされた。そんな関さんを励ましたのは、新潟県から来たボランティアグループだった。仕事の関係で2008年に名古屋にやってきた関さん。被災してから毎年欠かさず続けていることがある。ひまわりの栽培だ。被災当時に、ボランティアグループからもらったというひまわりの種。実はこの種、被災者から被災者へと届けられたもの。「恩返しと言うか、似たようなことが出来たらいいかなと。喜んでもらえたらいいかなと」。関さんもこの思いをつなげていきたいと考えている。

関連ニュース一覧へもどる