防災・災害ニュース

関連ニュース

台風の置き土産 コンテナ136個散乱で原因調査(2009年10月09日)

愛知県豊橋市の三河港で埠頭に積まれていたコンテナが8日、散乱状態で見つかったことについて国土交通省は、台風18号による影響と見て9日朝から、現地で調査を行っています。

豊橋市の三河港で8日朝、台風18号の通過後、埠頭に積まれていた空のコンテナ136個が動いて散乱していました。国土交通省では、9日朝から台風による風と高潮で押し流された可能性もあるとみて現地に調査員を派遣し原因を調べています。豊橋市では、8日午前4時過ぎ、最大瞬間風速37.9mを観測しています。三河港では8日午前7時前に、2mを越える高潮を記録していました。

関連ニュース一覧へもどる