防災・災害ニュース

関連ニュース

豪雨で被災した川沿いの住宅 撤去作業が始まる(2008年09月06日)

東海地方を襲った豪雨から1週間がたち、愛知県岡崎市では伊賀川の増水で被害を受けた住宅の取り壊し作業が始まりました。

取り壊されるのは、伊賀川の増水で被害を受けた城北町と元能見町の住宅、合わせて5軒です。6日は、家具の運び出しや足場作りなどの準備作業が行われました。いずれの住宅も土台を流されるなど大きな被害を受けていて、今後、倒壊する恐れがあるため岡崎市が、住民から承諾を得て取り壊す事にしました。準備が出来次第、重機を使い取り壊していくと言う事です。作業は9月中旬までに完了する予定だということです。

関連ニュース一覧へもどる