防災・災害ニュース

関連ニュース

理容室に緊急地震速報「お客さんの安全のために」(2008年02月27日)

2007年の10月から気象庁が一般への発表を開始した緊急地震速報は、間もなく地震の大きな揺れが来る可能性があることを知らせてくれます。私たち放送局は、速報スーパーでみなさんにお伝えしますが、専用の受信機を設置すれば、家庭や職場で、緊急地震速報を、直接受信することができます。三重県四日市市では170軒の理容室が緊急地震速報の受信機を設置しました。

四日市理容師会理事の村田孝次さんは、導入した理由について「いきなりどーんと(地震が)くるんじゃなくて、数秒間あれば何とか対応できますよね。」と話す。ハサミやカミソリなど刃物を使っている理容室。お客さんの髪を切っているとき、カミソリでヒゲを剃っているとき、グラリときたら・・・。四日市理容師会は、お客様の安全を守るため、従業員、家族、自分自身の安全を守るために設置した、と説明する。2007年4月三重県中部を襲った地震では、最大震度は亀山市で5強、四日市市では震度4を観測した。四日市でも建物が大きく揺れたという。この時の経験から、四日市理容師会が、少しでも早く地震の発生が分かれば、お客さんから刃物を離すことができるのでは?と話し合っていたところ、地元のケーブルテレビ会社から提案があった。
四日市市のケーブルテレビ会社シー・ティー・ワイの伊藤秀明さんは「地震はいつ起こるかわからない怖さがある。揺れが来る10秒でも20秒でも前にわかりと、行動が変わってくる」と話す。今回のしくみはこうだ。受信機設置の費用はすべてケーブルテレビ会社が負担。その代わり、ケーブルテレビ会社の緊急地震速報受信機の広告をお店に置いてPRする。三重県中部の地震の時、四日市市では試験運用中だった緊急地震速報が、揺れる2秒前に発表されている。理容室のお客さんは「顔を剃ってもらってるときに地震がもし急に来た場合、顔にけがとか防げるのでは。」と、緊急地震速報に期待を寄せている。間もなく、地震の大きな揺れが来る可能性があることを知らせてくれる「緊急地震速報」。まさか!の時、被害を少しでも減らすために、さまざまな場所での活用が進められている。

関連ニュース一覧へもどる