防災・災害ニュース

関連ニュース

災害時に備えセントレアで非常用管制塔の展開訓練 (2008年02月18日)

地震や水害などで管制塔の機能が失われた場合に使われる非常用管制塔の展開訓練が中部国際空港で始まりました。

一度に交信できる飛行機は少ないものの機能は通常の管制塔とほぼ同じで空港内を見渡すため最大6メートルの高さまで上がります。普段は羽田空港と大阪国際空港(伊丹)の2ヵ所に保管されていて、非常時にはトラックや船、ヘリコプターなどで運ぶことができます。

関連ニュース一覧へもどる