防災・災害ニュース

関連ニュース

冬山シーズンを前に山岳警備隊が救助訓練(2007年12月19日)

本格的な冬山シーズンを前に岐阜県高山市では岐阜県警山岳警備隊による冬山救助訓練が始まりました。

この訓練は北アルプスの岐阜県側を守る山岳警備隊が毎年この季節に行っているもので岐阜県警の山岳警備隊員や航空隊員30人が参加して行なわれました。訓練初日の18日は新穂高にある登山指導センターで訓練開始式が行われたあと早速西穂高岳へ向け出発したました。この訓練は20日まで続き雪の中での遭難者の救出訓練やヘリコプターによる搬送訓練が行なわれます。岐阜県警によると山の積雪は今のところ例年並だということですが、今後降ることも予想されるため登山者には細心の注意を払うよう呼びかけるということです。

関連ニュース一覧へもどる