防災・災害ニュース

関連ニュース

水難事故防止に小学生が着衣のまま泳ぐ訓練(2007年07月31日)

夏本番に向けて水の事故から身を守るため服を着たままで泳ぐ訓練が名古屋の小学校で行われました。

名古屋市昭和区にある吹上小学校では、服を着たままで泳ぐ着衣泳の講習会が開かれ、4年生の児童33人が参加しました。子どもたちは、長袖、長ズボンを着たまま水に入ると、予想以上に動きづらいことに驚いていました。赤十字の水上安全法指導員から空のペットボトルを使って浮く方法などを学び、10メートルを浮いたまま泳いでいました。担任の先生は、子どもたちに「夏休み、自分の身は自分で守りましょう」と呼びかけていました。

関連ニュース一覧へもどる