防災・災害ニュース

関連ニュース

阪神・淡路大震災を再現して子どもたちが体験(2007年07月31日)

地震の怖さを知って防災意識を高めてもらおうと消防学校が主催した体験プログラムに小学生らが参加し、機械で再現された阪神・淡路大震災を体験しました。

地震の揺れを体験できる機械「起震機」で、阪神・淡路大震災で発生した震度7が再現され、子ども達は大きな揺れに驚きの声を上げていました。子どもたちは口々に「すごく強い揺れでしがみついてるだけで精一杯」「上下や横の揺れがあったのですごく怖かった」「今日訓練したから落ち着いて行動できそう」と話していました。消防学校は「こういった体験を通して、防災意識を高め、いざという時に慌てないよう心構えをしてほしい」と話しました。

関連ニュース一覧へもどる