防災・災害ニュース

関連ニュース

台風4号の影響で15日にかけ天候は大荒れに(2007年07月13日)

大型で非常に強い台風4号と梅雨前線の影響で、東海地方では、15日にかけて、大荒れの天気となる見込みです。

梅雨前線が本州付近に停滞していて、13日の東海地方は沿岸部を中心に雨が降っています。今後、台風4号から湿った空気が流れ込み、梅雨前線の活動が活発になる見込みで、14日正午までに、多いところでは、三重県で220ミリなどの大雨が予想されています。大型で非常に強い台風4号は、現在、沖縄付近の海上を北上しています。東海地方にもっとも近づくのは、15日の午前中と見られ、大雨や暴風、高波に対する警戒が必要です。

関連ニュース一覧へもどる