防災・災害ニュース

関連ニュース

地震の揺れの影響を示すシステム 名大などが開発(2007年02月21日)

大地震による揺れが地盤や建物の構造の違いでどのくらい変わるのか?映像や模型でわかりやすく示すことができるシステムを愛知県や名古屋大学などが共同で開発しました

このシステムは想定されている東海・東南海地震の揺れが建物に与える影響を模型などで再現できるものです。場所による地盤の違いや建物の構造によって被害に差が出ることがわかるように工夫されているのが特徴で、愛知県と名古屋市、名古屋大学が共同で開発しました。愛知県は「危険を実感してもらい建物の耐震化などに役立てて欲しい」と話していて、来月4日に名古屋大学で行われる「防災フェスタ2007」で一般に公開されます。

関連ニュース一覧へもどる