防災・災害ニュース

関連ニュース

熱田区新尾頭の国道19号 地中に空洞 車線規制(2007年02月13日)

名古屋市熱田区の国道で地中に幅が2メートル近くある空洞が見つかり、中部地方整備局は14日以降、埋め戻す方法などを検討することにしています。

国土交通省中部地方整備局によりますと、空洞が見つかったのは熱田区新尾頭3丁目の国道19号です。深さ約1メートル30センチの場所に最大で幅2メートルの空洞が見つかりました。中部地方整備局は13日夜から国道19号の車線を規制し、14日改めて空洞の正確な大きさなどを調査することにしています。空洞ができた原因についても詳しく調べて埋め戻す方法を検討し、15日の夕方には復旧する見込みだということです。

関連ニュース一覧へもどる