防災・災害ニュース

関連ニュース

津市の三重県企業庁公舎跡地で発見の金属は不発弾か(2006年11月27日)

三重県の建物を取り壊したところ地中から不発弾とみられるものがみつかりました。

三重県津市の県企業庁の公舎跡地で不発弾とみられる金属が地下に埋まっていることがわかりました。津市によりますと地下4、5メートル付近に1メートルほどの長さの金属が埋まっているということです。大きさなどから、戦時中にアメリカ軍機が投下した250キロ爆弾の可能性があるということです。企業庁が、29日から、跡地を掘って確認作業を行います。

関連ニュース一覧へもどる