防災・災害ニュース

関連ニュース

住民 観光客守れ 古い町並みで消防訓練 岐阜・高山市(2006年10月30日)

岐阜県高山市の観光名所・上三之町で、火を使うことが多くなる冬場に備えて、30日、消防訓練が行われました。

古い町並みで知られる上三之町では、冬を前に万が一、火災が起きたとき、住民や観光客を守ろうと毎年、消防訓練を続けています。午前6時半、非常サイレンが鳴り訓練が始めると、ヘルメットに法被姿の住民が放水訓練や消火器を使った訓練を行いました。上三之町では、1996年に4棟を焼く火事があり、住民たちは真剣に取り組んでいました。

関連ニュース一覧へもどる