防災・災害ニュース

関連ニュース

都市再生機構 桃花台の地盤沈下で愛知県に損害賠償求め提訴(2006年08月31日)

愛知県小牧市の桃花台ニュータウンで地盤沈下が起きている問題で、住宅を販売した都市再生機構が、宅地造成をした愛知県に損害賠償を求めて提訴していたことが明らかになりました。

小牧市桃花台ニュータウンの地盤沈下が起きた地区では、都市再生機構の調査で、地下約4メートルの所に軟弱な地盤があることが分っています。機構側は、宅地造成時に地盤の問題を見逃した愛知県に沈下の責任があるとし、損害賠償を求め、30日、名古屋地方裁判所に提訴しました。請求総額は、調査費用と地盤沈下が明らな数戸への対策費を想定した約8億円です。これに対して、愛知県は「訴状を見ていないのでコメントを差し控えたい」としています。また、都市再生機構は、訴訟とは別に調査結果と対策方法などを11月、住民に説明するとしています。

関連ニュース一覧へもどる