防災・災害ニュース

関連ニュース

北ア・笠ケ岳で不明となっている4人の捜索難航(2006年04月12日)

岐阜県の北アルプス・笠ヶ岳で雪崩に巻き込まれて遭難したと見られている登山者ら4人の捜索が12日朝から再開されました。しかし小さな雪崩が頻発しヘリコプターからのみの捜索となりました。

行方が分からなくなっているのは、山スキーをしていた愛知県小牧市の会社員・高橋秀成さん(39)と、熊谷竜太さんら3人の登山グループで、8日に笠ケ岳の穴毛谷で発生したなだれに巻き込まれたとみられています。12日は午前11時過ぎから、岐阜県警のヘリコプター1機が出動し、山岳警備隊員が雪崩の現場周辺を上空から捜索しました。午後になり雪の上落ちていた青色のヘルメットが回収されましたが、11日までの雨で新たな雪崩が発生していたため、地上からは現場に立ち入ることが出来ず、捜索は難航しました。その後の調べでヘルメットは高橋さんのものと分かりました。捜索は天候の回復を待って明日以降再開される予定です。

関連ニュース一覧へもどる