防災・災害ニュース

関連ニュース

耐震偽装で休業の岐阜・高山市のホテルで工事説明会(2006年04月07日)

耐震強度偽装問題で強度の不足が判明した岐阜県高山市のホテルが、耐震補強計画の説明会を行いました。

カントリーホテル高山は姉歯元建築士による耐震強度の偽装が判明し、2005年年11月から営業を休止しています。住民説明会は周辺の住民などが出席して行われました。説明会ではオーナーが「関係者の皆様に補強に関して努力をしていただきました。」と挨拶し、施工会社が工事の説明をしました。建物の8階まで部分的に150ミリの外壁を付けたり、ホテルの内側にプレートを貼るなどして補強します。カントリーホテル高山では10月の再開を目指しています。

関連ニュース一覧へもどる