防災・災害ニュース

関連ニュース

耐震偽装問題受けて愛知県が民間検査機関の指導強化(2006年04月02日)

耐震強度の偽装問題を受けて、愛知県は1日から県内に八つある民間確認検査機関の監視、指導の強化策に乗り出しました。愛知県では、確認審査の約8割を民間の機関が担っていて、強化策は不適切な確認業務などを防ぐのが狙いです。具体的には、愛知県や名古屋市など建築確認審査にあたる県内17の自治体から民間確認検査機関の業務について愛知県が情報を集めて、互いに情報を共有します。民間確認検査機関に問題があった場合は、その内容によって点数化し、規定の年数で合計して、検査機関を評価します。愛知県知事が指定した民間検査機関は、合計した得点をもとに指定取り消しや業務停止などの処分を受けます。こうした試みは全国でも初めてです。

関連ニュース一覧へもどる