防災・災害ニュース

関連ニュース

愛知県は耐震強度偽装ホテルを設計した平成設計の責任者を呼び事情聴取  (2005年12月05日)

ホテルなどの耐震強度偽装問題で愛知県は5日、偽装が判明した県内の4つのホテルを設計した「平成設計」の責任者を呼び、事情を聴きました。

事情聴取には平成設計の山口時也代表取締役が呼ばれ、約2時間にわたって行われました。この中で平成設計側は、東京の経営コンサルタント「総合経営研究所」が企画や建築の工程に深く関与していたことを明らかにしました。建物の企画は総研が行い、構造設計をする能力がない平成設計は、総研からの仕事を姉歯建築設計事務所に下請けに出すことが慣例だったということです。愛知県は、平成設計が姉歯側の構造設計を再チェックしていないなど「設計の元請けとして責任がある」として、今後、関係機関に報告することにしています。

関連ニュース一覧へもどる