防災・災害ニュース

関連ニュース

耐震強度偽造問題で愛知県の3つのホテルにも構造計算書に偽造が見つかる (2005年12月05日)

マンションなどの耐震強度偽造問題で、姉歯建築設計事務所が作成した愛知県の3つのホテルの構造計算書に偽造があったことが新たにわかりました。

構造計算書が偽造されていたのは大府市の「アズイン大府」など愛知県内の3つのビジネスホテルです。建物が地震に耐える力が過大に評価されるよう計算の途中でデータがすりかえられていて、震度6強の地震で倒壊する恐れがあるということです。3つのホテルは独自の調査を行うなどしてすでに営業を休止しています。いずれのホテルも愛知県が建築確認を行いましたが当初は偽造を発見できず、今回再計算して偽造が見つかったものです。営業再開に向けた県の方針が出るにはまだ時間がかかるということです。

関連ニュース一覧へもどる