防災・災害ニュース

関連ニュース

大規模災害に備え名古屋市職員が緊急登庁訓練 徒歩や自転車で登庁(2005年11月14日)

東海地震などの大規模災害に備え、名古屋市職員の緊急登庁訓練が行われました。

訓練は地震や大雨などの大規模災害により交通機関が止まった状況を想定して行われたものです。名古屋市の職員、約2300人が徒歩や自転車などで実際に市役所へ登庁し、その途中で被害の情報を収集するポイントを確認しました。松原市長も参加し、市長公舎から市役所までを約20分かけて自転車で登庁しました。続いて行われた災害対策本部会議の訓練で松原市長は、登庁経路の危険な箇所を普段から意識して確認するようにして欲しいと話しました。

関連ニュース一覧へもどる