防災・災害ニュース

関連ニュース

2004年10月の台風23号で大きな被害を受けたJR高山本線で本格的な復旧工事が始まる 2007年に全面復旧めざす  (2005年05月31日)

2004年10月の台風23号で大きな被害を受けたJR高山本線では、31日から本格的な復旧工事が始まりました。

高山本線は台風23号で線路や橋梁が流されるなどの大きな被害を受け、現在も飛騨古川駅と富山県の猪谷駅の間でバスによる代行運転が続いています。31日は流出した路盤の埋め戻しや切断された通信用ケーブルの復旧作業が行われました。JR東海では2005年秋までに飛騨古川駅から角川駅までを復旧し、2007年を目途に全面復旧したいとしています。

関連ニュース一覧へもどる