防災・災害ニュース

関連ニュース

三重県宮川村大杉谷では台風で被害を受けた家の後片付け 不明者の家族は複雑な思いで復旧に汗 (2004年10月11日)

台風22号も去り避難指示が解除された三重県宮川村の大杉谷地区では、住民が自宅に戻り後片付けを始めています。

宮川村では9月29日の台風21号で住宅44棟が全半壊しました。そのうち半分が大杉谷地区です。手伝いに来た親類の人は「初めて来てこんなにひどいとは思わなかった」と話しました。親類の子供たちも土砂のかき出し作業を手伝っていますが、なかなか減りません。宮川村では土砂崩れで6人が死亡し、地崎いしさん(85)は、12日たった今もまだ見つかっていません。地崎さんの二男・賢治さんは「あきらめている。普段は仕事して忘れているが、夜は思い出して眠れない」と話しました。賢治さんは、母親の発見を待ちながら、被災した近所の家の復旧を手伝っています。

関連ニュース一覧へもどる