防災・災害ニュース

関連ニュース

三重県宮川村の被災地で周辺自治体職員も参加し炊き出し 村では今も約1600人に避難指示 (2004年10月04日)

台風21号で大きな被害を受けた三重県宮川村で、周辺の市や町の職員による炊き出し作業が行われています。

これまでボランティアの炊き出しが行われていましたが、平日に入りボランティアが減るため、周辺の自治体に協力を依頼したものです。参加したのは松阪市などの職員10人と地域のボランティアです。宮川村では2次災害の恐れがあるとして、今も約1600人に避難指示が出されています。そのうちの避難者約120人や行方不明者の捜索などをする人に、おにぎりが配られました。職員の応援は1週間の予定で続けられます。

関連ニュース一覧へもどる