防災・災害ニュース

関連ニュース

中部電力が東海地震を想定した大規模な訓練  (2004年09月02日)

防災週間に合わせ中部電力で東海地震を想定した大規模な訓練が行われました。

訓練には中部電力のすべての支店や事業所の従業員約1万7000人が参加しました。マグニチュード8.0の東海地震で本店に設置された防災本部が被災して使えなくなったという想定です。従業員は中区の名古屋支店に臨時につくられた防災本部までバスで移動し、被害情報の収集や情報の伝達がスムーズに行われているか確認にあたりました。中部電力では「リスク管理の一環として今後も、より実践的な訓練を行い従業員の防災意識を高めていきたい」と話しています。

関連ニュース一覧へもどる