防災・災害ニュース

関連ニュース

防災の日 名古屋市の小学校や水族館、金融機関などで実践的な訓練実施 (2004年09月01日)

9月1日は防災の日です。いざという時に身の安全を守る的確な行動ができるようさまざまな訓練が行なわれました。

小学生が消火器を手に本番さながらの訓練です。名古屋市中区の御園小学校の訓練には、児童と地域の住民200人が参加、東海地震が起きたという想定で、救助袋やはしご車を使った救助など実践的なメニューでした。名古屋港水族館では、ショーを見ているときに東海地震の注意情報発表という想定の訓練です。参加した幼稚園児は水族館のスタッフや保育士の注意に従って2人1組で手をつないで避難しました。民間の金融機関では、防災訓練では初めて営業時間中にシャッターを閉める本格的な訓練をしました。警戒宣言が出されると金融機関は窓口業務を停止します。これまでポスターなどでPRしてきましたが、周知徹底には実際の対応を見てもらうのが一番という思惑での訓練です。

関連ニュース一覧へもどる