防災・災害ニュース

関連ニュース

愛知県が東海地震の防災対策見直し 「注意情報」で下校や休館などの対応へ  (2003年12月17日)

東海地震の被害を最小限に抑えようと愛知県は地震の「注意情報」の段階から防災対策を始めるなど、県の防災計画の見直しを行いました。

これは今年7月、国が地震発生の危険度が高い「注意情報」の段階から防災対策を行う方針を出したことを受けたもので、国の方針に沿ってきょうの防災会議で県の計画の見直しが承認されました。今回の見直しで、これまで警戒宣言後に行う計画だった学校の生徒の下校開始や県の施設の休館などを、警戒宣言前の「注意情報」の発表段階に繰り上げるなど、地震に対し早めの対策をとる内容となっています。また警戒宣言後営業を中止することになっていた鉄道や病院、百貨店などについては、市民生活への影響を考え安全性が確保される場合は営業を続けられるようになっています。

関連ニュース一覧へもどる