防災・災害ニュース

関連ニュース

万博ゴンドラ建設で土砂災害の危険が高まるとして住民が建設差し止め訴訟 (2003年12月11日)

愛知万博の2つの会場をつなぐゴンドラの建設に反対している住民が、ゴンドラの柱の建設によって土砂災害の危険性が高まるなどとして、建設の差し止めを求める訴えを起こしました。

名古屋地方裁判所に訴えを起こしたのは、ゴンドラが通過するルートの沿線に住む瀬戸市の住民15人です。訴えによりますと、ゴンドラを支える柱のうち3本が住宅地の近くの土石流が発生する危険性の高い地域に建てられるため土砂災害を引き起こす恐れがあるとして、博覧会協会を相手取り建設の差し止めを求めているものです。原告の住民たちは、ゴンドラ計画に当初から反対していて、協会と県に対し、再三にわたり説明を求めてきましたが納得できる回答が得られなかったため訴えを起こしたということです。

関連ニュース一覧へもどる