防災・災害ニュース

関連ニュース

名古屋で「ドクターヘリ」を幅広く活用するためのシンポジウム (2003年11月12日)

医師や看護士を乗せて事故現場などに駆けつける「ドクターヘリ」をより効果的で、幅広く活動させるためのシンポジウムが名古屋で開かれています。

「ドクターヘリ」は現在全国7ヵ所で運行し、この地方では去年1月愛知医科大学でスタートしました。医療機関が少ない山間地などで特に威力を発揮し消防からの出動要請は次第に増えてはいますが、大事故などでの出動がまだ少ないことが関係者の悩みの種です。12日のシンポジウムでは消防との連携体制や、高速道路上での離着陸が可能かどうか検討しました。また、ヘリを柔軟に運用するため、愛知医大を中心として構造改革特区に申請する計画も明らかにされました。

関連ニュース一覧へもどる