防災・災害ニュース

関連ニュース

防災の日の1日、名古屋市内で東海地震の警戒宣言発令を想定に防災訓練開かれる(2003年09月01日)

防災の日の1日、名古屋市内では東海地震の警戒宣言が発令された想定で、防災訓練が行われました。

愛知県庁では、災害対策本部の運用と市町村などとの通信訓練が実施されました。午前8時半、東海地震の警戒宣言の発令を受け、知事が防災無線を使って県民に落ち着いた行動をとるよう呼びかけました。一方名古屋の栄では、松原市長が大型モニターを使って帰宅困難者を支援、誘導する訓練を行いました。名古屋市は市外からの流入人口が通勤、通学者だけでも数十万人にのぼり、警戒宣言が発令され、交通機関がとまった時、帰宅ができない人たちの対策が大きな課題となっています。

関連ニュース一覧へもどる