防災・災害ニュース

関連ニュース

東海・東南海地震同時発生で崩壊のおそれ 愛知県庁を改修へ(2003年08月04日)

愛知県の神田知事は東海地震と東南海地震が同時に発生した場合に県庁本庁舎の一部が使えなくなる可能性があるとして耐震工事を進める考えを明らかにしました。

神田知事は精密検査の結果、東海地震と東南海地震が同時に発生すると愛知県庁の本庁舎は壁や柱に大きなひび割れができて鉄筋がむき出しになる可能性があるという調査結果を明らかにしました。防災の拠点である本庁舎の一部が使用できなくなる恐れがあることから、愛知県では改修工事を進める方針です。県では壁や柱の補強をするか地下にゴムを入れる免震工法を取るかなど、今年度中に改修の方法や予算を詰めることにしています。

関連ニュース一覧へもどる