防災・災害ニュース

関連ニュース

防災の日を前に愛知県刈谷市で総合防災訓練 東海地震を想定して約3300人が参加(2003年08月31日)

9月1日の防災の日を前に東海地震を想定した総合防災訓練が愛知県刈谷市で行われました。

東海地震の警戒宣言が発令されたと想定して始まったこの防災訓練は「地域は地域で守る」をテーマにしていて、地元住民やボランティアなどおよそ3300人が参加しました。会場では住民が消火器を使って火を消す訓練や、壊れた家屋からけが人を救出する訓練などが次々と行われました。また、愛知県の神田知事がヘリコプターで上空から視察した後、対策本部で災害状況の説明を受けるなど、実践さながらの訓練となりました。愛知県では「いざという時に役立つように自治体などでより実践的な訓練を続けて欲しい」と話しています。

関連ニュース一覧へもどる