防災・災害ニュース

関連ニュース

三重・阿児町で日本に1台しかない水上陸上両用バスの走行テストが行われる(2003年07月04日)

日本に1台しか輸入されていない水上と陸上の両方で使えるというバスの走行テストが三重県阿児町で行われました。

この水上と陸上の両用バスは大阪のNPO団体が所有しているものです。阿児町の観光名所安乗灯台の点灯130周年を記念するイベントで走らせるため、試験走行が行なわれました。水陸両用バスは40人乗りで陸上では120キロで走行し、水上では15キロの速度で航行します。阿児町では観光の目玉として、また災害がおきたときの輸送手段として購入することも検討していくということです。20日と21日には、一般の人たちを対象にした試乗会も行なわれる予定です。

関連ニュース一覧へもどる