防災・災害ニュース

関連ニュース

台風4号で三重県南部に被害 土砂崩れが11件 床上浸水11棟 床下浸水は64棟  (2003年05月31日)

台風4号による雨の影響で、三重県南部では床上浸水などの被害が出ました。尾鷲市では午後8時現在、31日午前0時からの総雨量が464ミリに達し、5月の一日の雨量としては過去最高を記録しました。三重県の南部では被害が出て、御浜町などで土砂崩れが11件。紀伊長島町や海山町などで11棟が床上浸水、64棟が床下浸水しました。尾鷲市や熊野市では幹線道路の国道42号が一時冠水し、通行止めとなりました。現在は海山町内の1ヵ所で通行規制が続いています。このほか、JRや名鉄の一部で午前中を中心に運転を見合わせる区間が出ましたが、すでに正常運転に戻っています。

関連ニュース一覧へもどる