防災・災害ニュース

関連ニュース

三重県の金融機関が東海地震の対策会議 地震発生時の混乱防止策を討議(2003年05月16日)

東海地震が発生した時に金融機関での混乱を防ごうと、その対策を考える会議が三重県で開かれました。

この会議は、三重県の18の自治体が東海地震の防災対策強化地域に指定されたことを受けて行われたもので、県の担当者や金融機関などが参加しました。金融機関を巡っては、「警戒宣言が出されたとき、現金を引きだそうと客が殺到すること」や「コンピュータが壊れて銀行の機能が止まってしまうこと」などが予想され、対策が必要とされています。16日の会議ではそれぞれの金融機関が個別に対策を作るのではなく、共通の対策を作る方針が確認されました。具体的な対策は今後の会議で早急に検討するということです。

関連ニュース一覧へもどる