防災・災害ニュース

関連ニュース

東海地震の警戒宣言発令でも東海道新幹線の運行が一部可能に(2003年04月15日)

国の中央防災会議は東海地震の警戒宣言発令時に強化地域内では全てストップすることになっていた鉄道の運行を場所によって可能とする新たな方針を決めました。

中央防災会議の新しい方針では、想定される震度が6弱未満で津波の心配がない地域では事業者の判断で鉄道の運行が可能になるとしています。避難の方法についても、交通渋滞が予想されないところでは車による避難も一部認める方針です。これにより名古屋から西の区間で東海道新幹線が運行できるようになり、名古屋駅周辺の帰宅困難者を減らすことにもつながることになります。

関連ニュース一覧へもどる