防災・災害ニュース

関連ニュース

国の中央防災会議が東海地震による死者が最悪の場合1万人にのぼると発表(2003年03月18日)

東海地震がおきた場合、建物の倒壊や津波、火災などによる死者が、最悪の場合全国で1万人にのぼるという被害想定が国の中央防災会議で明らかになりました。

中央防災会議で明らかにされた被害想定によりますと、地震にともなう死者は全国で1万人にのぼると想定されていて、県別では愛知県が建物の倒壊による被害を中心に500人、三重県は津波被害で500人となっています。また地震による住宅や工場などの直接的な被害額は、26兆円になる見通しで、交通被害など間接的な被害も含めると37兆円に膨らむということです。国はこの試算をもとに4月に地震防災対策大綱をまとめ防災対策の見直しにあたることにしています。

関連ニュース一覧へもどる