防災・災害ニュース

関連ニュース

「手抜き工事」で中部地方整備局調査 国道の橋14ヵ所で手抜き工事発覚  (2003年02月17日)

岐阜県発注の橋の耐震工事で業者が手抜き工事を行っていたのを受け、中部地方整備局がこの業者が工事を請け負っていた国道の橋を調べたところ、同じ問題がある橋が14に上ることがわかりました。

これは、東京都の業者が岐阜県から発注を受けた橋の耐震補強工事で、橋脚や橋げたの強度を増すためのボルトに長さの足りないものを使い、欠陥工事を指摘されたものです。この問題を受け、中部地方整備局が管内の国道でこの業者が工事に関わっていた30の橋を緊急に調べたところ、岐阜県各務原市の国道21号にかかる高架橋など14の橋でボルトの長さが足りないことがわかりました。このうち10の橋について、中部整備局ではこの業者に早急に補修するよう命令を出しました。

関連ニュース一覧へもどる