防災・災害ニュース

関連ニュース

名古屋市の緊急地下鉄点検で桜通線野並駅の防火扉の表示灯に不具合見つかる(2003年02月24日)

韓国の地下鉄放火事件を受け名古屋市交通局が地下鉄の緊急点検を行った結果、一部の駅で防火扉の表示灯に不具合が見つかったことが分かりました。

名古屋市交通局によりますと桜通線の野並にある防火扉の表示灯に不具合が見つかりました。この表示灯は駅長室に設置されていて、防火扉が開いている通常の状態でも異常を示すランプが点灯していたということです。名古屋市交通局は先週から76カ所ある地下鉄の駅の消火設備や740両ある車両すべての非常照明などを検査し、野並駅以外は異常が見つからなかったということです。国土交通省の調査では半数にあたる39の駅について排煙設備の数が足りないなど国の基準を満たしていないことが分かっていて、名古屋市では順次改修を始めたいとしています。

関連ニュース一覧へもどる