防災・災害ニュース

関連ニュース

名古屋で震災フォーラム 専門家が東海・東南海地震への備え訴える(2003年01月11日)

地震に対する知識を深め、いかに備えるべきかを学ぼうと、「震災フォーラム」が名古屋で開かれました。

このフォーラムは、名古屋市内の消防職員などが主催したもので、阪神大震災が発生した1月17日前後に毎年開かれています。去年、名古屋市をはじめ、この地方の多くの自治体が強化地域に指定されたことから7年目となる今回は、「東海・東南海地震にどう備えるか」と題し名古屋大学の福和教授が講演を行いました。福和教授は、「阪神大震災を教訓に、地震の時にどんなことが起こるのかを想像して対策を考えることが大切だ」と話していました。会場にはおよそ150人が詰めかけ、メモを取るなどして熱心に耳を傾けていました。

関連ニュース一覧へもどる